スポーツベットio

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

        ホーム HBMS とは HBMS 概要 研究科長のメッセージ教員紹介認証評価特集ステークホルダーの声学生の一日施設環境FAQ VR バーチャルツアー カリキュラムプログラム カリキュラム プログラム 学生生活 --> 入試情報 入試情報 教育訓練給付金科目等履修生(単科受講生)大学説明会過去の入試データ 地域企業の方へ 平和経営学研究センタープレスリリーススタンフォード大学連携科目教育課程連携協議会文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム」(BP)防災社会システム・デザイン研究センターHBMS地域医療経営研究センター2018年までのプロジェクト セミナー情報 お問い合わせ・取材アクセス お問い合わせ・取材 アクセス Articles すべて 入試メディアイベント Home | Articles イベント 【参加者募集】公開講座「広島の地震対策について考える:あなたは南海トラフの前と後にどうするべきか?」を1月20日(金)に開催します ツイート 講座概要県立広島大学の防災への社会学的アプローチと関東学院大学の工学的アプローチを融合することで、防災・減災の研究や実践に貢献することを目的に協定を締結しました。コロナの関係で延期されておりましたが、これを機にお互いの知見を持ち寄り、記念公開講座を相互に行うことになりました。  今回は、広島の地震対策や意識をテーマについて考えて参ります。平成30年西日本豪雨災害以降、豪雨や土砂災害に対しては危機意識は高まっており、住民も対策について考えるようになってきました。しかし、巨大地震が発生した場合、広島市の地理的条件による潜在的リスクが高いにもかかわらず、対策や意識が不十分であると言わざるをえません。このような中で、BeforeとAfterの視点から、また工学的、社会学的視点から、広島市住民を主な対象として、対策や意識向上のための公開講座を開催します。なお、株式会社テレビ新広島では日ごろから広島市の防災対策について考えていることを受け、今回の主旨に賛同しててただき、共催することとなりました。 申し込みフォームはこちら申込締切 1月19日13時 1/19 15時17分時点でお申し込み頂いた方々にご案内のメールを送信しました。 メールが届いていない方はご連絡ください。 共催   県立広島大学防災社会システムデザイン プロジェクト研究センター 関東学院大学防災・減災・復興学研究所 株式会社テレビ新広島 協賛・後援・協力協賛 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 中電技術コンサルタント株式会社 後援 広島市 中国新聞社 協力 株式会社マエダハウジング 対象者広島県にお住まいの方 地震対策・災害報道・防災などにご興味のある方 などどなたでも 日時等開催日時 2023年1月20日(金)13:30~16:00 (※開場13:00) 開催方法 対面(県立広島大学広島キャンパス 2143講義室)・オンライン同時配信(Zoom) ※どちらかお選びいただけます オンライン参加のZoom接続URLは当日までに参加申込者にお送りします。 対面での参加の方にはTSSと県立広島大学のノベルティを差し上げます! 県立広島大学 広島キャンパスへのアクセスはこちら     当日スケジュール①BEFORE・工学的視点:13時30分~14時15分 講演 「広島市の液状化災害を考える ~危険性と備え~」(関東学院大学理事長・教授 規矩大義) ②AFTER・社会学的視点:14時15分~15時00分 講演 「災害発生時における地方テレビ局の使命」(株式会社テレビ新広島 代表取締役社長 箕輪幸人) ③芸予地震を振り返る映像(TSS提供):15時00分~15時05分 ④パネルディスカッション:15時05分~15時55分 「広島は芸予地震級の地震に対策はできているか?」 ファシリテーター:県立広島大学大学院経営管理研究科 講師 武居靖昌 パネリスト:規矩大義、箕輪幸人、江戸克栄(HBMS専攻長/教授)、県立広島大学人間文化学部 健康科学科 4年生 瀬尾 菜月 講演概要BEFORE・工学的視点 講演 「広島市の液状化災害を考える ~危険性と備え~」(関東学院大学理事長・教授 規矩大義) 太田川デルタに位置し、市街地の多くが埋立地である広島市は、決して液状化災害と無縁ではない。芸予地震では甚大な液状化被害は見られなかったものの、それは決して広島が液状化に強い街であることを意味しているわけではない。今後、起こりうる大規模地震で発生が懸念される液状化と、それに伴う地盤変状、家屋の倒壊や沈下、管路の浮き上がりといった被害に対して、行政・地域・個人で取り組むべき対策について考える。 AFTER・社会学的視点:14時15分~15時00分 講演 「災害発生時における地方テレビ局の使命」(株式会社テレビ新広島 代表取締役社長 箕輪幸人) 災害報道の目的は、住民の命を守ることにある。だから、住民に情報を伝達したからといって、それで終わりではない。情報を得た住民が、その危機を避けるための対応行動をとることで、ようやく1つの役割を果たしたことになる。だが、その役割を十分に果たしているとは言い切れない。情報伝達と避難との関連が強固ではないからだ。どうしたら災害から人の命を守ることができるのか。地方テレビ局の視点で考えたい。 講師規矩 大義(きく ひろよし) 学校法人関東学院 理事長・関東学院大学理工学部教授 1993年3月 九州工業大学大学院工学研究科博士後期課程修了 同年4月 横浜国立大学工学部建設学科 助手 1995年4月 佐藤工業(株)中央技術研究所土木研究部 JICA派遣専門家としてイスタンブール工科大学に赴任 国土交通省 国土技術政策総合研究所 沿岸防災研究室 派遣研究員を経て 2002年4月 関東学院大学工学部土木工学科 助教授 2007年4月 同 教授 2012年4月 同 工学部長 2013年12月 関東学院大学 学長(~2021年3月) 2021年4月 学校法人関東学院 理事長 東京都防災会議 地震部会専門委員、神奈川県公安委員会 公安委員 神奈川県 大規模盛土造成地第二次スクリーニングに関する検討会 座長 鎌倉市 防災・危機管理アドバイザー  等 箕輪 幸人(みのわ ゆきと) 株式会社テレビ新広島 代表取締役社長 1957年6月、茨城県出身。早稲田大学卒業後、フジテレビジョン入社。報道局社会部で日航ジャンボ機墜落事故、阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件などを取材。 司法・警視庁両キャップ、社会部長、解説委員などを経て2010年報道局長。2011年東日本大震災の取材・放送の指揮をとる。 2014年同社常務取締役報道局長兼解説委員長からテレビ新広島代表取締役社長へ、現在に至る。 定員 対面100名 オンライン100名 参加費 無料 申込方法 申込締切 1月19日13時まで 申込方法  以下「申込フォーム」からお申し込み下さい。   申込フォームはこちら 問合せ先 県立広島大学 HBMSマネジメント課 〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71 TEL : 082-251-9726 / FAX : 082-251-9405 E-mail : [email protected] © 2016-2018 Prefectural University of Hiroshima. All Rights Reserved. 広島県公立大学法人 県立広島大学本部事務部 HBMSマネジメント課〒734-8558 広島市南区宇品東一丁目1-71TEL : 082-251-9726 / FAX : 082-251-9405E-mail : [email protected] HBMSとはお問い合わせ・取材 カリキュラム・プログラムアクセス 入試情報サイトマップ 地域・企業の方へHBMS Facebook 無料相談の予約をする

ボクシングしたらば スポーツベットio 【コラム】大谷巻き込む不祥事、スポーツ賭博の教訓に スポーツベッティング | 日本における合法性等を解説!(2024)
Copyright ©スポーツベットio The Paper All rights reserved.